R6Sアイキャッチ

RAINBOWSIXSIEGEをプレイしろ!


UBISOFT最高の人気作。レインボーシックスシージ。

プレイしていますか?おそらくプレイしているからここにたどりついたのでしょう。

最高のFPS。大会のシーンなども多いが、プロとしてやっていけるような背景が見当たらない。が、しかし!

本当に楽しいゲームで、正直人気すぎて出来上がってしまうのではないかとすら思っている。

基本的にシナリオがなく、単調にそれだけを進めていくのがFPS。なぜだかやめられないこのなぞの中毒性をもったレインボーシックスシージ。

ほかのFPSと何が違うのか。

世界観

レインボーシックスシージは、CSGOなどと同じでテロリストと特殊部隊をモチーフに作られ、プレーヤーバーサスプレーヤー(以下、PVP)では、防衛する特殊部隊と侵入する特殊部隊とに分けられる。共に特殊部隊である。特殊部隊の所属は現存する部隊であり、基本的には国ごとに形成される。アメリカの舞台は軍所属のネイビーシールズと警察?国連?の所属にあたるSWATがあるが、これらも現存するものでだ。

実際の武器も実在するもので、多少名称にオリジナリティーはあるものになってはいるが楽しい。

新規プレーヤーが減らない理由

まず、運営側のUBISOFTも遊びではない。エンターテイメントとしてゲーム業界にちゃんと贈りだしている。そんななか人気はもちろんあるが、それ以外にも予想できる事も多い。

海外では大会なども盛んで、しっかりとチームなども存在するが、日本ではまだまだクランレベル。大会賞金は16万円などまだまだ小さく、人生を掛けてプロゲーマーとして、シージで食う!それは無理でしょう。

ですがゲーム自体に人気があるのは実は、僕は根本でもある販売ではないかと感じている。

新規プレーヤーの増加の為、今回オペレーションヘルスと題し、運営側としてはリスクの大きい予定の新オペレーターと新MAPを見送った。

もしかしたらあらゆる作業がおいついてなくて、大義名分でいったのかも。だけど、そんな事しても得がない。

それだけ力を入れて修正などの基礎環境を整えて、これからやっていく理由は公式からの発表もあったプレーヤーの増加だ。

これには、販売をするタイミング。リリースはされているタイトルなので、セールのタイミングと仕方にあると思う。

形も様々「50%OFF」「週末無料プレイなど」なかなか他のタイトルでは見ない光景が並んでいる。そのタイミングなどが絶妙なんでしょう。そのたびにプレイしていて感じるほど人が増えている。

マッチングの速さや、異常なまでの以前には見ないクリアランスレベルの低い方々。

2015年下旬に発売したタイトルだとは思えないほどのご新規さんの数がこれらの営業の仕方などにあると思う。

ゲーム性はもちろんだが、こういったオンライン対戦をメインとするゲームタイトルの課題でもあるマッチングとアクティブプレーヤーの数。

クロスプレイはできないので、PS4とPCの両方でしっかりとユーザーを獲得している。



プレイした方がいい理由

ゲームはたくさんの事を学ぶ環境にある。気軽に人とのコミュニケーションを図れる。もちろん顔は見えないので多少ではあるが同じものを好む皆が集まり、同じ事を目的にできる。

通常のMMORPGなどであればやればやるほど個体差が生まれてしまうが、RAINBOWSIXは武器のアタッチメント程度で、多少やればもう何も差はない。

もちろん経験などはあるけども、それ以外はなにもない。FPSデビューにはもってこいだ!

FPSに慣れている方でも、よくありがちな突りにやはり、リスポーンできないという問題もあり多少慎重さと、クリアリングの大切さ、もたもたしてると負けてしまうためにバランスよく動かなければいけないという点でもいいだろう!

実際自分自身はこれで大きくキルレといわれるものが変わった!

これは自分にとってはとてつもなく大きな成長!

FPSでは、万年0.4-0.6をさまよう僕にとって。キルレを無視することはできない。

シージでは約1。

他のFPSタイトルでは、シージを境に0.8程度になった。

これは紛れもなく成長である!

また、世界的な人気と人口を誇る、LoLの選手は、シージを最も連携を取るのがむつかしいタイトルだといった。

あれほど世界的シーンが広く大きなプロ層を占めるLoLの人がそう感じるなら、そうなのだろう!